シャトーオーブリオンルージュ 1986

格付特選銘柄パーカーポイント94点 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1986

シャトーオーブリオンルージュ 2011

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2011

シャトーオーブリオンルージュ 1994

格付特選銘柄パーカーポイント92点このヴィンテージにおける驚きの掘り出し物の1つだ。 あれほど雨が降ったにもかかわらず、この年は多くの人が思っているより成功作が多いのである。 オー=ブリオンの畑が享受しているすばらしい水はけが雨の多い9月の収穫期に有利に働いたのだ。 色は深みのあるプラム/ルビー色で、縁は少々薄くなってきている。 コンポスト、トリュフ、土、スパイス箱、乾燥ハーブ、甘草の趣と張り合っている甘いブラックチェリーやカラントの果実を思わせるワインだ。 ミディアムボディで、比較的ふっくらした、噛みごたえのある感じがする。 このヴィンテージに半ダースほどある最高のワインの1つであることは確実だ。 タンニンはいまだにあるが、どうやらオー=ブリオンが1995年、1996年に生産した2つのより大柄なワインよりははるかに近づきやすいもののようである。 予想される飲み頃:2004~2024年 最終試飲年月:2002年11月 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1994

シャトーオーブリオンルージュ 1985

格付特選銘柄パーカーポイント94点 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1985

シャトーオーブリオンルージュ 1998

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1998

シャトーオーブリオンルージュ 1992

格付特選銘柄パーカーポイント89点このヴィンテージとしては強力な成功作だ。 エレガンスや甘さがあり、中程度のプラム/ガーネット色はすでに縁がいくらか薄くなり始めている。 急に成長してきたが、この恐ろしくひどいヴィンテージにあって驚くほどの果実味や個性が感じられる。 西洋杉のような、スパイス箱、葉巻、タバコのよい香りと混ざり合ったミネラル、甘いプラム、チェリーを思わせるワインだ。 フィニッシュは少し短く、やつれているが、香り、アタック、中間部は問題ない。 予想される飲み頃:現在~2008年 最終試飲年月:2002年11月 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1992

シャトーオーブリオンルージュ 1997

格付特選銘柄ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン45% メルロー37% カベルネ・フラン18%パーカーポイント89点大柄ではないが上等なブドウの完熟感、調和、エレガンス、ビロートのようなタンニン、甘い果実味が感じられるチャーミングで目の開いた、成長した体裁をしている。 更に複雑さが出て、より高い点数がつくようになるかもしれない。 1993や1994年のように困難な雨に苦しめられたヴィンテージに生産された上質なオー・ブリオンに比肩する。 予想される飲み頃・・・現在~2014年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1997

シャトーオーブリオンルージュ 2006

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2006

シャトーオーブリオンルージュ 1989

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1989

シャトーオーブリオンルージュ 2003

格付特選銘柄ボディフルボディ品種メルロー58% カベルネ・ソーヴィニヨン31% カベルネ・フラン11%パーカーポイント95~98点このヴィンテージらしい豪勢さや弱い酸が見られるが、2000年よりもさらにタンニンのレベルが高い。 深みのあるルビー/紫色をしており、クランベリー、日に焼けた土、ミネラル、青や黒系の果実の趣の古典的なアロマがある。 口蓋にあたると、相当な豊かさや強烈さが感じられるが、ブドウの過熟感や重さはない。 低収穫に切り詰められたため、中核部の深みや甘さも良好だ。 精力、新鮮さ、偉大な舌触りが感じられる。 予想される飲み頃:2009~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2003

シャトーオーブリオンルージュ 1978

格付特選銘柄パーカーポイント86点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1978

シャトーオーブリオンルージュ 2002

格付特選銘柄ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロー25% カベルネ・フラン20%パーカーポイント92~94点深みのあるルビー/紫色のほか、衝撃的なまでにエレガントな香りを誇っている。 印象的なほど節度ある力強さやエレガンスが感じられるミディアムボディの、程よく構造の感じられる、格別に純粋な体裁をしたワインだ。 オー・ブリオンがこんな若いうちからラ・ミッション・オー・ブリオンより優位に立つのは異例の事だが、2002年のヴィンテージについては確実にそうなっている。 予想される飲み頃・・・2010~2024年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2002

シャトーオーブリオンルージュ 1976

格付特選銘柄パーカーポイント86点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1976

シャトーオーブリオンルージュ 2001

格付特選銘柄品種メルロー52% カベルネ・ソーヴィニヨン36% カベルネ・フラン12%パーカーポイント94点オー=ブリオンの2001年は、瓶詰めされたのが遅く(2003年9月末)、間違えようのない高貴さや、成長著しい複雑さを持っている。 縁までプラム/紫色をしており、ブレンド比率はメルロ52%、カベルネ・ソーヴィニョン36%、カベルネ・フラン12%という手の内を明かさないもので、瓶詰め後は相当に閉じてしまった。 それもかかわらず甘酸っぱいチェリー、ブラックカラント、甘草、燻煙、細かく砕いた小石の純粋な香りがある。 ミディアムボディで、純粋さは秀逸で、タンニンは硬く、角のある、構造の感じられるフィニッシュを持つ。 5~7年はセラーで寝かせる必要がある。 予想される飲み頃:2009~2020年以降 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2001

シャトーオーブリオンルージュ 1998 ラベル汚れ

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1998 ラベル汚れ

シャトーオーブリオンルージュ 1995

格付特選銘柄ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン45% メルロー37% カベルネ・フラン18%パーカーポイント96点深みのあるルビー/紫色をしており、締め付けられているようだが、将来有望なノーズは木の燃えさしと混ざり合ったヴァニラ、スパイス箱、土、ミネラル、スイートチェリー、ブラックカラント、プラムのような果実を思わせる。 ミディアムからフルボディでレベルの高い、熟しているが甘いタンニンがあり、フィニッシュはたっぷり40~45秒も続く。 非常に閉じた柔軟性のない、内向的な状態から姿を現し始めたばかりだ。 予想される飲み頃・・・2006~2035年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1995

シャトーオーブリオンルージュ 2005

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2005

シャトーオーブリオンルージュ 2004

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2004

ラクラルテドオーブリオンブラン 2009 750ml

2009年に新たにリリースされたオー・ブリオン・ブランのセカンド!一級シャトー、オー・ブリオンによる、オー・ブリオン・ブランのセカンドワイン。 「レ・プランティエール・デュ・オー・ブリオン」という名前で前年までリリースされていましたが、2009年より名前とエチケットを一新して、新たにリリースされました。 「ラ・クラルテ・ド・オー・ブリオン」は、「オー・ブリオン・ブラン」と「ラ・ミッション・オー・ブリオン」の畑から収穫されたぶどうを使って造られたという、注目のワインです。 ラクラルテドオーブリオンブラン 2009 750ml

シャトーオーブリオンルージュ 1999

格付特選銘柄ボディフルボディパーカーポイント93点ほのかな黒鉛やミネラルがあふれんばかりの果実味に明確に見られる。 ミディアムからフルボディでニュアンスがあり、微妙で深みがあり、挑発的なまでにエレガント。 オー・ブリオンにしか実現できないように見えるスタイルで作られている。 フィニッシュは極めて長く、タンニンも甘く、全体的な印象は繊細さと織り交ぜられた力強さやブドウの完熟感というものだ。 予想される飲み頃・・・2007~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1999

シャトーオーブリオンルージュ 1984

この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1984

シャトーオーブリオンルージュ 2000

格付特選銘柄パーカーポイント98+点 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 2000

シャトーオーブリオンルージュ 1990

格付特選銘柄ボディフルボディパーカーポイント98点深遠なワインで、過去25年における偉大なオー・ブリオンの1つである。 不死身の1989年がなげかける巨大な影にいささか隠れてしまったところもあるが、急速に成長を続けている。 実際、1989年より成長しているのだが、古典的なオー・ブリオンらしい日に焼けた土、華やかないぶしたハーブ、タバコ、甘いカラント、イチジク、ブラックカラントのノーズも見せている。 非常に豪勢な/官能的な舌触りをしており、フルボディで、凝縮感は偉大、純粋さは卓越している。 酸は弱く、非常に甘い、継ぎ目まくまとまったタンニンがあり、このワインには、すでに偉大な複雑さや近づきやすさが見られる。 飲むのを我慢するのは極めて困難なことだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1990

シャトーオーブリオンルージュ 1960

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1960

シャトーオーブリオンルージュ 1993

格付特選銘柄ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン45% メルロー37% カベルネ・フラン18%パーカーポイント90点色は驚くほど縁いっぱいまで濃い深みのあるプラム/ルビー色。 いくらかの甘いベリーの果実と混ざり合ったメンソール、黒鉛、湿った土、ほのかなマッシュルームがこのミディアムボディの非常にエレガントなオー・ブリオンに姿を現す。 いまだに引き締まった構造をしているが、タンニンは甘く、余韻の長さやブドウの完熟感は驚くほどだ。 常に掘り出し物となるはずである。 予想される飲み頃・・・2004~2015年 《ボルドー第4版より抜粋》 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1993

シャトーオーブリオンルージュ 1964

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1964

シャトーオーブリオンルージュ 1988

格付特選銘柄ボディミディアムボディパーカーポイント92点より引き締まった構造をしたオー・ブリオンは、いささか1996年に連なるつくりで、暗いガーネット色をしており、甘草、森の下生え、コンポスト、トリュフ、乾燥ハーブ、クレオソート、甘いブラックチェリーやカラントの香りが見られる。 ミディアムボディでリッチであるが、いまだに構造も感じられる。 味わってみると徐々にほぐれて、卓越した濃厚さや複雑なグラーヴらしい要素をたくさん見せるようになる。 予想される飲み頃・・・現在~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷のある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1988

シャトーオーブリオンルージュ 1987

格付特選銘柄ボディミディアムボディパーカーポイント88点特筆に値することにどうやら熟成など歯牙にもかけず、華やかな、甘い、まろやかな、比較的軽い、ただおいしい、とてもバランスのよい状態を保っているようだ。 私はとっくに衰えているだろうと思っていたのだが、見事に飲み続けられているし、縁にいくらか琥珀色が忍び込んできているだけである。 完璧にバランスがとれていれば、たとえ軽めのスタイルのワインであっても期待以上に長持ちするという見本である。 予想される飲み頃・・・現在~2006年 《ボルドー第4版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷のある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。 この点に関しては、様々な反論があり得るだろう。 1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーは他にいない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーブリオンルージュ 1987