シャトーオーゾンヌ 1982

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 1982

シャトーシュヴァルブラン 2005

格付第一特別級Aパーカーポイント96点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 2005

シャトーオーゾンヌ 1978

格付第一特別級Aボディミディアムボディパーカーポイント88点 シャトーオーゾンヌ 1978

シャトーオーゾンヌ 2000

格付第一特別級Aパーカーポイント100点 シャトーオーゾンヌ 2000

シャトーシュヴァルブラン 1976

格付第一特別級Aパーカーポイント82点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1976

シャトーシュヴァルブラン 1986

格付第一特別級Aパーカーポイント93点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1986

シャトーシュヴァルブラン 1998

格付第一特別級A品種カベルネ・フラン 55% メルロー 45%パーカーポイント93点不死身の可能性のある見本で、瓶詰めされてからかなりの重みを身に付けている。 色は縁いっぱいまで濃い紫色。メンソール、プラム色、桑の実、新品の鞍革、ココア、ヴァニラを思わせるほれぼれするほどのノーズがある。 これまでに私が知る若いワインの中では、特筆に値するほどフルボディで、舌触りはびっくりするほど継ぎ目がなく、途方もない凝縮感とエキス分がある。 この、フルボディでありながらもゴージャスなまでに純粋な、エレガントなワインは、非の打ち所なくバランスがとれていて、確実に空前の偉大なシュヴァル・ブランだといえる。 予想される飲み頃・・・2009~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1998

シャトーアンジェリュス 2012 シャトーパヴィ 2012 2本セット

■セット内容■ シャトー・アンジェリュス[2012] 750ml シャトー・パヴィ[2012] 750ml 各1本 シャトーアンジェリュス 2012 シャトーパヴィ 2012 2本セット

シャトーシュヴァルブラン 1979

格付第一特別級Aパーカーポイント84点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1979

シャトーパヴィ 1990

パーカーポイント:90点 シャトーパヴィ 1990

最安値に挑戦中 シャトーシュヴァルブラン 1999

格付第一特別級A品種メルロー 59% カベルネ・フラン 41%パーカーポイント93点複雑で、爆発的にかぐわしい1999年のシュヴァル・ブランは、すでによく見せているが、これは、伝統的に、抑制のきいた、瓶と重みと豊かさを身につけるワインのい兆候の一つだ。 スタイルの点では、このワインは多分、1985、1966、1962年と同じような型だろう。 色は、紫色のニュアンスのある濃いルビー色。 超大作を超えたメンソール、なめし革、黒系果実、甘草、モカを思わせるブーケがあり、ミディアムで、並外れたエレガンス、純粋さ、甘い、硬さや角のない、調和の取れた風味を感じさせてくれる。 フィネス、魅力、凝縮感のある継ぎ目のない美酒1999年は、比較的若いうちから飲める、興奮させられるシュヴァル・ブランだ。 予想される飲み頃・・・2006~2022年 《ボルドー第4版より抜粋》 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 最安値に挑戦中 シャトーシュヴァルブラン 1999

シャトーパヴィ 2011

シャトーパヴィ 2012

シャトーオーゾンヌ 2002

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 2002

シャトーオーゾンヌ 1986

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 1986

シャトーオーゾンヌ 1997

格付:第一特別級A ボディ:ミディアムボディ  パーカーポイント  :  91点 このヴィンテージの最上のワイン の一つと言える1997年は、 複雑で多面的なブーケの中に ブラックラズベリーやブラックベリー、ミネラル、 花のようなアロマを見せてくれる作品。 色は暗い紫色で、口に含むとミディアムの、 甘い、熟した果実、硬いタンニン、 このヴィンテージにしては良好な酸を感じる。 フィニッシュは余韻が長く、 印象的なほど素質があり、 ほどほどのタニックだ。 このヴィンテージの最も長命な ワインとなるはずである。 予想される飲み頃・・・2007~2020年 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーオーゾンヌ 1997

シャトーシュヴァルブラン 1978

格付第一特別級Aパーカーポイント87点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1978

シャトーパヴィ 2005

パーカーポイント:98+点 シャトーパヴィ 2005

シャトーシュヴァルブラン 1990

格付第一特別級Aパーカーポイント100点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1990

シャトーオーゾンヌ 1958

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 1958

シャトーシュヴァルブラン 2004

格付第一特別級Aパーカーポイント93点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 2004

シャトーシュヴァルブラン 2003

格付第一特別級Aパーカーポイント89点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 2003

シャトーオーゾンヌ 2005

格付第一特別級Aパーカーポイント100点 シャトーオーゾンヌ 2005

シャトーシュヴァルブラン 1984

ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1984

シャトーオーゾンヌ 1993

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 1993

シャトーパヴィ 1975

シャトーパヴィ 2010

シャトーパヴィ 2000

パーカーポイント:100点 シャトーパヴィ 2000

シャトーシュヴァルブラン 1997

格付第一特別級Aパーカーポイント87点魅惑的な、かぐわしいシュヴァル・ブランで、かつほどほどの濃厚さと厚みがある1997年は、即座に訴えるものがある作品。 ココナッツ、プラム、チェリーリキュール、甘い、香ばしいオークを思わせるエキゾチックなノーズがある。 色気のある個性と共に、見事なしなやかさ、弱い酸が感じられる、このミディアムボディのワインは、現在もう飲み頃を迎えている。 向こう5~6年で飲みたい。 《ボルドー第4版より抜粋》 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1997

シャトーシュヴァルブラン 2010

格付第一特別級Aパーカーポイント100点 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 2010

シャトーシュヴァルブラン 1995

格付第一特別級A品種カベルネ・フラン 50% メルロー 50%パーカーポイント92点1995年のシュヴァル・ブランは、かわいい、魅力的なワインだ。 このワインは弟分ほどふくよかさ、重みの面では成長していないが、ブラックカラント、コーヒーを思わせるスモーキーでエキゾチックなブーケがある、傑出したシュヴァル・ブランのようだ。 複雑で、リッチな、ミディアムからフルボディの風味を持つ、十分な素質のある純粋なこのワインは、フィニッシュに驚くほど硬いタンニンを感じる。 より甘く、よりブドウの完熟感のある1996年とは違って、1995年はより構造の感じられるワインで、より長命な可能性がある。 予想される飲み頃・・・現在~2020年 《ボルドー第4版より抜粋》 ベルナール・アルノーとアルベール・フレールは買収して以来、シュヴァル・ブラン独特のテロワールを最大限に引き出そうと、努力を惜しまなかった。 その結果、シュヴァル・ブランは今まで以上に、ボルドーで最もエキゾチックで個性的なワインとなった。 壮厳な落ち着きを感じさせるワインで、派手なところ、極端なところは微塵もない。 それどころか、このワインを構成している要素のすべてが、非の打ち所のないつりあいを示している。 若いうちから飲むこともできるが、カベルネ・フランのブレンド比率が非常に高い為、樽よりも瓶で寝かせたほうがおいしくなるようである。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーシュヴァルブラン 1995

シャトーオーゾンヌ 1995

格付第一特別級A シャトーオーゾンヌ 1995