シャトーレオヴィルラスカーズ 1961

パーカーポイント:85点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1961

シャトーレオヴィルラスカーズ 2000

格付第二級パーカーポイント100点偉大な純粋さのあるカシスやブラックチェリーの果実味が主体となっている香りがある。 ミディアムからフルボディの、生硬で、タニックな、凝縮した、ボリューム感のある2000年のレオヴィル・ラス・カーズだ。 光を通さないほど濃い紫色をしており、甘い、非常に純粋な風味はチェリー、ヴァニラ、ミネラル、ブラックカラントを彷彿させる。 舌触りのある、多層的な、フルボディのワインで、濃厚さや深みはけたはずれだ。 かなりの忍耐が必要となるはずである。 事実上100点満点だった1996年、1990年、1986年、1982年のラス・カーズと方を並べられるものになるのだろうか。 たぶんなるのだろうが、いまだにタンニンが表面を覆っているので、若々しい、内向的な、成長していない性格をしている。 予想される飲み頃:2015~2040年 最終試飲年月:2003年1月 《ボルドー第4版より抜粋》 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2000

シャトーレオヴィルラスカーズ 1982

格付第二級ボディフルボディパーカーポイント100点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1982

シャトーレオヴィルポワフェレ 2004

格付第二級パーカーポイント90点 シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ、レオヴィル・ポワフェレ、レオヴィル・バルトン。 この3つのシャトーは、元々はレオヴィルの畑から3つに分割された経緯から兄弟シャトーと呼ばれています。 シャトーレオヴィルポワフェレ 2004

シャトーレオヴィルラスカーズ 1975

格付第二級ボディフルボディパーカーポイント92+点フルボディで、厚みと凝縮味があり、例外的にがっしりとして力強い。 センセーショナルと言えるほどに豊かで強烈なこのワインは、ヴィンテージのなかでも最も長命なもののひとつとなるであろう。 この強いタンニンのレベルを考えれば、あと20年から35年持ちこたえるのは確実だが、その頃までには衰えてしまっているかもしれない。 私は1990年代半ばに全盛期に達すると考えたのだが、あと5年から8年は寝かせる必要がある。非常に印象的だが、内向的で硬質なワインだ。 最終試飲月:95年12月 《ボルドー第3版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1975

シャトーレオヴィルラスカーズ 1970

格付第二級パーカーポイント79点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1970

シャトーレオヴィルラスカーズ 1990

パーカーポイント:96点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1990

シャトーレオヴィルラスカーズ 2006

レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2006

シャトーレオヴィルラスカーズ 1994

格付第二級ボディフルボディパーカーポイント91点このヴィンテージとしてはかなり重々しいメドックである。 この光を通さないほど濃い紫色をしたワインは、口に含むとすばらしいコクやボリューム感が感じられる。 純粋なブラックチェリーやカシスの果実味の幾重もの層が、小石のような、ミネラルのような香りや、土、高品質は香ばしいオークの香りと混ざり合っている。 ミディアムからフルボディで、甘い、リッチな導入部である。 タンニンはたっぷりだが、エキス分や余韻の長さも印象的だ。 レオヴィル・ラス・カーズは1994年のメドックで6本しかない偉大なワインの1つである。 予想される飲み頃・・・現在~2025年 最終試飲年月:2002年3月 《ボルドー第4版より抜粋》 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1994

シャトーレオヴィルラスカーズ 2005

●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2005

シャトーレオヴィルラスカーズ 1988

格付第二級ボディフルボディパーカーポイント92点このワインは輝かしく見せ続けているが、より有名で高価な1989年もの以上の成功作であるのは確実だ。 色は暗い、くすんだガーネット/紫色。森の下生え、フルーツケーキ、西洋杉、ブラックチェリー、カラントの香りがある。 口に含むといまだにいくらか穏やかなタンニンが感じられるが、果実味は甘く、広がりもある。 全体的な印象は、非常に均整のとれた、ミディアムからフルボディの、やや古典的なメドックというものである。 予想される飲み頃:現在~2020年 最終試飲年月:2001年12月 《ボルドー第4版より抜粋》 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1988

シャトーレオヴィルラスカーズ 1979

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1979

シャトーレオヴィルラスカーズ 2004

サン=ジュリアンの偉大なボルドーワインの1つ。 クラシックな当たり年2004年! ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2004

シャトーレオヴィルラスカーズ 1989

パーカーポイント:90点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1989

シャトーレオヴィルラスカーズ 1996

パーカーポイント:98点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1996

シャトーレオヴィルラスカーズ 1971

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1971

シャトーレオヴィルラスカーズ 2001

格付第二級ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン69% メルロー19.5% カベルネ・フラン11.5%パーカーポイント93+点縁いっぱいまで濃い紫色をしており、口に含むと強いタンニンと、構造のある内向的な感じがする。 この骨まで髄までエレガントなラス・カーズは、飲み頃の高原部に達するにはあと5~7年かかる。 このヴィンテージのメドックで最も長命なワインの1つとなるはずである。 予想される飲み頃:2011~2030 《ボルドー第4より抜粋》 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2001

シャトーレオヴィルラスカーズ 1981

パーカーポイント:89点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1981

シャトーレオヴィルラスカーズ 1978

レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1978

シャトーレオヴィルラスカーズ 1985

パーカーポイント:93点 古酒のため、エチケット(ラベル)に汚れ・擦れ等がある場合があります。 ご了承のうえお買い求め下さい。 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1985

シャトーレオヴィルラスカーズ 1992

●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1992

パーカー95点 シャトーレオヴィルラスカーズ 2002

格付第二級パーカーポイント95点 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 パーカー95点 シャトーレオヴィルラスカーズ 2002

シャトーレオヴィルラスカーズ 2003

パーカーポイント:93点 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 2003

シャトーレオヴィルラスカーズ 1986

格付第二級ボディフルボディパーカーポイント100点故ミシェル・ドゥロンはいつでもこれが自分が生産した最も偉大なヴィンテージだと考えていたが、私たちがよく1982年と並べて試飲したのは、私自身がいつでも1982年の方が好みだったからである。 もちろん、この2つのヴィンテージは実に異なったスタイルをしている。 1986年のワインは古典主義の記念碑的なワインだ。偉大なタンニンがあり、輪郭は並はずれて甘い、熟したカシスの果実が、ヴァニラ、メロン、フルーツケーキ、多数のスパイスと混ざり合った巨大なフルボディのノーズがある。 昔から、著しく凝縮感があるのに、すばらしく新鮮さを感じさせる、精力的なワインだった。 いまだに若く見えるが、十分な飲み頃に近づいていないとは思いがたい。 偉大なレオヴィル・ラス・カーズだ。 1986年のメドックのトップのカベルネ・ソーヴィニョン・ベースのワインを真剣に見直させる。 心動かされる理由の1つとなっている。 予想される飲み頃:2005~2035年 最終試飲年月:2002年9月 《ボルドー第4版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1986

シャトーレオヴィルラスカーズ 1995

格付第二級パーカーポイント95点けたはずれの1996年がなければ誰もが1995年のすばらしいレオヴィル・ラス・カーズを何本でもいいから手に入れようと全力を注いでいただろうに。 このヴィンテージの偉大な成功作の1つである。光を通さないほどこいルビー/紫色を誇っており、格別に純粋な、見事なまでに締まりのあるアロマは黒果実系、ミネラル、ヴァニラ、スパイスを思わせる。 アタックは仰天するほどリッチであるが、弟分より気になるタンニンも見られる。 格別に熟したカシスの果実味や、分別のある使い方をされた香ばしい新樽、スリリングなミネラルの個性とからみあった高品質な果実未(ラス・カーズにとっては毎度おなじみのものだ)のおかげで、心動かされる作品となっている。 タンニンはおそら1996年とほとんど同じくらいだが1996年ほど完璧に甘いわけではない。 フィニッシュは想像を絶するほど余韻が長い、古典的なワインだ。 この年のレオヴィル・ラス・カーズになれるだけの品質があったのは、収穫の35%しかなかった。 予想される飲み頃:2008~2025年 最終試飲年月:2002年3月 《ボルドー第4版より抜粋》 ●R・パーカー氏曰く・・・ 「レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり 偉大なボルドー・ワインのひとつである。」 「第1級に格上げされるべき」と評価しています。 それもそのはず、畑はあの第1級【シャトー・ラトゥール】 と小川を挟んで隣接しているという絶好の場所! 生産者のワインの品質にこだわる姿勢や、完璧を追求する勤勉さにより 造られるこのワインは、メドックにおいて最上のワインを造り出していると 言っても過言ではありません! レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン・ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。 最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。 サン・ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内に留まっている。 消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーレオヴィルラスカーズ 1995