シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 1999

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント94点セクシーな、暗いプラム/紫色をした1999年マルゴーは、すでに複雑な香りが見られる。 驚くほどチャーミングで、まろやかで、1985年のようなヴィンテージをしのばせる。 超大作ではなく、重量級でもないが、口の中で広がって、途方もない余韻の長さや純粋さを見せるようになる。 醸造責任者のポール・ポンタリエはより生硬な1998年よりこちらの方を好んでるし、私もそうだ。 シャトー・マルゴーの原点とも言うべき豊かさや、フィネス、バランス、均整のよさが身上である。 若いうちから飲めるが、20年は良好に熟成すること請け合いだ。 予想される飲み頃・・・2004~2017年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 1999 —— 39,200円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2000

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン90% メルロー10%パーカーポイント100点色は縁いっぱいまで濃い紫色で、微妙なノーズはブラックベリー、クレーム・ド・カシス、微妙な新樽や黒鉛のアロマを思わせる。 タンニンはよりしなやかなものとなっており、舌触りはセンセーショナルで、口に含むとそびえたつ摩天楼のようなワインなのだが、重かったりちぐはぐだったりすることはない。 フィニッシュも華麗である。 予想される飲み頃・・・2010~2050年《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 2000 —— 60,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2001

格付第一級パーカーポイント93点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 2001 —— 38,500円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2002

格付第一級ボディミディアムボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン87% カベルネ・フラン8% プティ・ヴェルド5%パーカーポイント91~93点色は健康的で深みのあるルビー/紫色で、アロマはブラックカラントや、甘草、乾燥ハーブ、ヴァニラ、ローム質の土壌の趣を思わせる。 ミディアムボディで、注目に値する純粋さ、エレガンス、器量があるが、2000、1996、1995、1990、1986、1985,1983,1982年に見られた<並外れた風味の多面性や、息の長さ、現実離れした品質レベルはない。 とは言え、メンツェロプロス家とその聡明な醸造責任者、ポール・ポンタリエが細心の注意を払って経営している高貴なシャトーの輝かしい作品だ。 予想される飲み頃・・・2011~2026年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 2002 —— 30,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2003

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント96~100点光を通さないほど濃い紫色をしており、春の花、ブルーベリー、ブラックカラント、甘草、ヴァニリンのとてつもない芳香を伴う。 軽さは霊妙だが、並外れた凝縮感もある。後味は優に1分は持ちこたえる。 予想される飲み頃:2012~2040年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 2003 —— 45,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱 —— 264,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱 —— 264,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2006 12本 ケース販売 木箱

シャトーマルゴー 2006 12本 ケース販売 木箱 —— 200,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2007

格付第一級 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトーマルゴー 2007 —— 32,200円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2009

格付第一級

シャトーマルゴー 2009 —— 47,000円

シャトー マルゴー

シャトーマルゴー 2011

格付第一級

シャトーマルゴー 2011 —— 40,800円

シャトー マルゴー

シャトーラトゥール 2005 シャトーマルゴー 2005 2本セット

セット内容 シャトー・ラトゥール[2005] 750ml シャトー・マルゴー[2005] 750ml ---------------------------------------- 各1本(計2本)

シャトーラトゥール 2005 シャトーマルゴー 2005 2本セット —— 80,000円