シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1945

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1945 —— 480,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1962

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1962 —— 68,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1966

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1966 —— 45,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1970

格付第一級パーカーポイント90点このワインを試飲する機会はずいぶんたくさんあったが、これは私が出会った、もっとも欲求不満がたまるばらつきのあるワインの1つだ。 1970年ムートンは純粋な神酒になることもあれば、角のある、生硬な、恐ろしく硬くてタニックなワインになることもあったのである。 今回試飲した瓶は、シャトーが誤って出荷してしまったレゼルヴ・デュ・シャトーの1本で、ラベルには番号ではなく「R.C.」の文字が書かれていたのだが、デキャンタした時には査定不能だった。 硬くて、頑固な、足を踏み込めないスタイルをしていたためである。 だが、ほぼ8時間後、ワインはとてつもない開き方をしていた。 甘いカシス、タバコ、ミネラル、エキゾチックなスパイスの香りの古典的なブーケを見せ、豪勢な、フルボディの、厚みのある、ジューシーなワインとなっていたのである。 今回のワインなら、長時間デキャンティングしておけばこれほど並はずれた成長が見られるという説得力のある議論もできるだろう。 このワインには成長期間の大部分を通じてずっと当惑させられてきたが、今回の1本で安心した。 間違いない。このワインはムートンのカベルネ・ソーヴィニョン比率の高さのせいで、締めつけられているような、硬い、度量の狭い時期を過ごしたのだ。 飲み頃の高原部に入ったが、この時代の多くのワインに普通に見られる荒削りのタンニンを保持している。 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1970 —— 37,100円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1973 ラベル破れあり

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1973 ラベル破れあり —— 40,600円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1973 液面低

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1973 液面低 —— 40,800円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1982

格付第一級パーカーポイント100点 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1982 —— 84,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1984

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1984 —— 28,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1986

こちらの商品はラベルに擦れなどがございます。 ご了承のうえお買い求め下さいますようお願い致します。 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1986 —— 49,500円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1987

格付第一級パーカーポイント89点このヴィンテージで最も深みのある、最も光を通さないほど濃いワインの一つで締め付けられているようだが、将来有望なブーケは西洋杉やブラックカラントを思わせる。 深みは驚くほどで、ボディはミディアムからフル。 フィニッシュには甘いタンニンも見られる。 予想される飲み頃・・・現在~2015年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1987 —— 39,200円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1987 マグナムボトル1500ml ラベル汚れあり

格付第一級パーカーポイント89点このヴィンテージで最も深みのある、最も光を通さないほど濃いワインの一つで締め付けられているようだが、将来有望なブーケは西洋杉やブラックカラントを思わせる。 深みは驚くほどで、ボディはミディアムからフル。 フィニッシュには甘いタンニンも見られる。 予想される飲み頃・・・現在~2015年 《ボルドー第4版より抜粋》 こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1987 マグナムボトル1500ml ラベル汚れあり —— 42,500円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1988

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン80% カベルネ・フラン10% メルロー8% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント92点アジアのスパイス、ミネラル、コーヒー、ブラックカラント、甘いオークの魅力的なアロマを持つ。89年によく似ていて、ブーケには陶然とさせられるが味わいの深遠さははっきりと劣る。 口に含むと89年よりしっかりして硬く、より頑強な、より明白にタニックなワインだがフルボディで称賛に値するブドウの完熟度もある。 予想される飲み頃・・・2008~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1988 —— 40,800円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1989

格付第一級パーカーポイント90点 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1989 —— 39,000円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1990

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1990 —— 37,800円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1991

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1991 —— 31,800円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1992

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1992 —— 30,400円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1993

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン77% メルロー11% カベルネ・フラン10% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント90点近年のシャトー・ムートン・ロートシルトはクオリティが安定してきており、ムートン・ロートシルトの特徴であるふっくらとしたビロートのような滑らかさと素晴らしい官能性で、他のメドック・ワインを大きく引き離している。 《ワイン王国より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1993 —— 30,400円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1993 USAラベル

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン77% メルロー11% カベルネ・フラン10% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント90点アメリカでこのラベルに描かれた少女の裸体クロッキー画が少女虐待と非難を浴び、輸入禁止に。 これはアメリカ用には特別にリリースされた『絵のないラベル』! かんじんの絵がないにもかかわらず、アメリカ以外の国ではプレミアのつくレアものです! 4本限定の入荷!お見逃しなく!! かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1993 USAラベル —— 31,500円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1994

格付第一級パーカーポイント90点1994年ムートンは濃厚な縁いっぱいまで濃い紫色をしており、甘い黒系果実と渾然一体になった燻製、スパイス、西洋杉を思わせる古典的なムートンのノーズがある。 ミディアムからフルボディで傑出した凝縮感層状になっている感じ、大量のタンニン、豊かな、凝縮感のある果実味も感じられる。 上質な1988年に似たワインだ。 予想される飲み頃・・・2005~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1994 —— 30,400円

シャトー ムートン ロートシルト

シャトームートンロートシルト 1995

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン72% メルロー19% カベルネ・フラン9%パーカーポイント95+点光を通さない程濃い紫色をしており、ためらいがちなアロマはカシス、トリュフ、コーヒー、甘草、スパイスを思わせる。 口に含むと卓越した濃厚さ、フルボディの性格、リッチな中間部、40秒強持ちこたえる層状の深遠なフィニッシュを伴う「偉大な代物」だ。 純粋さは傑出しておりタンニンも強いが、私の直感によるとより筋骨隆々で、より大柄な1996年よりは酸が弱く心持ち肉づきがよい。 予想される飲み頃・・・2010~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》

シャトームートンロートシルト 1995 —— 39,000円