シャトーラトゥール 2004

格付第一級 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 2004

シャトームートンロートシルト 1998

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン86% メルロー12% カベルネ・フラン2%パーカーポイント96点極めて力強い、超絶的な凝縮感のあるワインで、ローストしたエスプレッソ、クレーム・ド・カシス、燻煙、新品の鞍革、黒鉛、甘草の趣が感じられる。 口に含むと重々しく、凝縮感は畏敬の念を抱くほどだ。 口の中がカラカラになるほどのタンニンがあり、口の中がいっぱいになるような風味の特徴は相当に強く離れない。 予想される飲み頃・・・2012~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1998

シャトームートンロートシルト 2001

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン86% メルロー12% カベルネ・フラン2%パーカーポイント89+?点隠そうとしても隠し切れないカシスの香りのするノーズがあり、画一的なミディアムからフルボディのスタイルをしており、フィニッシュには比較的強い、生硬なタンニンも感じられる。 予想される飲み頃・・・2013~2025年以降 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 2001

シャトーラフィットロートシルト 1967

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1967

シャトーラフィットロートシルト 1989 マグナムボトル 1.5L

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント90点中量級の、古典的なラフィットの1989年はちょうど休眠期から出てこようとしているところである。 暗いルビー色をしており、ミディアムボディで、ノーズとスパイシーなフィニッシュに新樽を感じさせる。 骨の髄までエレガントな、つつましい、派手さのないスタイルをしているが、最終的な分析結果によると、このシャトーの最も偉大な作品が持つ深遠な深みや中間部分には欠けている。 予想される飲み頃:2006~2025年。 最終試飲年月:2001年12月 シャトーラフィットロートシルト 1989 マグナムボトル 1.5L

シャトーラトゥール 1995 1500ml マグナムボトル

1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1995 1500ml マグナムボトル

シャトームートンロートシルト 1996

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン72% メルロー20% カベルネ・フラン8%パーカーポイント94+点生き生きとした、華々しいブーケはローストしたコーヒーカシス、スモーキーなオーク、醤油を思わせ、印象的なアロマはブラックカラント、フランボワーズ、コーヒー、新品の鞍革を思わせるのだ。 このフルボディのブドウの完熟感のある、リッチな凝縮感のある、すばらしくバランスのとれたワインは、逆説的なことに香りは風味から思われるよりはるかに成長したワインであることをうかがわせる。 予想っされる飲み頃・・・2007~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1996

シャトーラトゥール 1996

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント99点 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1996

シャトーラトゥール 2001

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン80% メルロ20% カベルネ・フラン 少量 プティ・ヴェルド 少量パーカーポイント95点縁までインクのようなルビー色をしており、誇りにしているほれぼれする程のブーケはブラックカラント、細かく砕いた小石、ヴァニラ、ほのかなトリュフやオークを思わせる。 味わってみると甘さが見られるというのは若いラトゥールにしては異例な事だ。 タンニン、酸、樽の見事なまとまりは絶句する程すばらしく、口蓋を流れていく舌触りや純粋さ、存在感も夢のようだ。 予想される飲み頃・・・2007~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 2001

シャトーラフィットロートシルト 1994

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント90+?点ほとんどカベルネ・ソーヴィニヨン100%でつくられた、この暗いルビー/紫色をしたワインは、味わってみると強情なまでに内向的で、訴求力がなく、厳しく、渋い。 重みはたっぷりだし、称賛に値する純粋さがあって、草っぽさや未熟な果実味はないのだが、性格に難があってグラスでなだめすかされるのを拒否しているのだ。 1994年のラフィットは、風味の点では生硬でがっかりさせられるものと判明するかもしれないが、香りは素晴らしい要素が揃っている。 私も諦めるつもりはないのだが、購入した方はコルクを抜くまでにあと7~8年待つつもりでいただきたい。 予想される飲み頃:2010~2030年 《ボルドー第4版より抜粋》 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1994

シャトームートンロートシルト 1973 ラベル破れあり

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1973 ラベル破れあり

シャトーラトゥール 1962

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1962

シャトーラトゥール 1997

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン75% メルロ10% カベルネ・フラン10% プティ・ヴェルド5%パーカーポイント86点風味豊かな食欲をそそるラトゥールだ。 濃厚さや力強さはあまりないが、甘い、クルミの色合いがある。 ブラックカラントの果実と絡み合ったミネラルや微妙な樽香が感じられる。 程よい酸、熟したタンニン。ミディアムボディのフィニッシュを伴う良好な舌触りのなめらかなこの作品は、多分10年はおいしく飲めるだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1997

シャトーラフィットロートシルト 1983

格付第一級パーカーポイント93点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1983

シャトーラトゥール 1985

1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1985

シャトームートンロートシルト 1992

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1992

シャトーラフィットロートシルト 1952

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1952

シャトームートンロートシルト 1945

かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1945

キャップ傷あり シャトーラトゥール 1978

格付第一級パーカーポイント90点中程度のガーネット色をしているが、縁にはほどほどの琥珀色も見られる。 1978年ラトゥールは、スパイス、鞍革、タバコ、乾燥ハーブを思わせる、土っぽいノーズがあり、甘い果実味が突出しようとしている。 興味深いことに、新樽も風味に現れる。 ミディアムボディで、エレガントで、かぐわしいが、ひょっとすると枯れかかっているのかもしれない。 この十分な飲み頃になったワインは、あと10年で飲む必要がある。 予想される飲み頃:現在~2010年 《ボルドー第4版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 キャップ傷あり シャトーラトゥール 1978

ラベル傷あり シャトーラトゥール 2001 1500ml マグナムボトル

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン80% メルロ20% カベルネ・フラン 少量 プティ・ヴェルド 少量パーカーポイント95点縁までインクのようなルビー色をしており、誇りにしているほれぼれする程のブーケはブラックカラント、細かく砕いた小石、ヴァニラ、ほのかなトリュフやオークを思わせる。 味わってみると甘さが見られるというのは若いラトゥールにしては異例な事だ。 タンニン、酸、樽の見事なまとまりは絶句する程すばらしく、口蓋を流れていく舌触りや純粋さ、存在感も夢のようだ。 予想される飲み頃・・・2007~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 ラベル傷あり シャトーラトゥール 2001 1500ml マグナムボトル

シャトーラフィットロートシルト 1961

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷や汚れのある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1961

シャトーラトゥール 1964

格付第一級パーカーポイント91点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1964

シャトーラトゥール 1948 1992年シャトーリコルク リラベル記載有

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1948 1992年シャトーリコルク リラベル記載有

シャトームートンロートシルト 1993 USAラベル

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン77% メルロー11% カベルネ・フラン10% プティ・ヴェルド2%パーカーポイント90点アメリカでこのラベルに描かれた少女の裸体クロッキー画が少女虐待と非難を浴び、輸入禁止に。 これはアメリカ用には特別にリリースされた『絵のないラベル』! かんじんの絵がないにもかかわらず、アメリカ以外の国ではプレミアのつくレアものです! 4本限定の入荷!お見逃しなく!! かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 1993 USAラベル

シャトーラフィットロートシルト 1991

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント86点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1991

トレヴィエイユレゼルヴドラフィットロートシルト コニャック 700ml 木箱入り

ラフィットロートシルトが育て上げた贅沢極まりないブランデーがわずかに入荷!「ワインの王」とも称されるボルドートップシャトーのひとつ、ラフィットロートシルトが極わずかだけリリースするブランデーが入荷しました。 力強い味わいのブランデーを生み出すといわれるコニャック・ボルドリ地区、アルマニャック・ガスコーニュ地区を中心に小さいながらも極上のブランデーを生み出す生産者を訪ね、彼らが大切に保管している貴重な古酒をすこしずつ分けてもらいブレンドすることによってこれらのブランデーを作り出します。 ブレンド後には最高の環境ともいえる熟成庫において、じっくりとこの原酒を育てあげ、これ以上ないという状態で瓶詰めを行います。 何人もの職人が手塩にかけて作り出したブランデーを、さらに大切に育て上げた結晶がこのボトルには詰まっているのです。 トレヴィエイユレゼルヴドラフィットロートシルト コニャック 700ml 木箱入り

パーカー93点 シャトーラフィットロートシルト 2004

ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、 1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、 1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。 フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を 賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。 このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない 生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば 卓越したワインを手にできることは確実だし、 与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、 価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。 もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、 とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 パーカー93点 シャトーラフィットロートシルト 2004

シャトームートンロートシルト 2000 1500ml マグナムボトル

格付第一級品種カベルネ・ソーヴィニヨン86% メルロー14%パーカーポイント97+点縁いっぱいまでの濃い紫色と、インク、カシス、甘草、湿った土、甘いオークのアロマを誇っている。また、カシスを思わせる風味の特徴にはほのかなトリュフも感じられる。 1986,1982以降ではまぎれもなく最も偉大なムートンである。 荘厳な作品で間違いなく閉じるはずだが、格別に長寿なものとなるだろう。 予想される飲み頃・・・2012~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 かつては理解しづらいシャトーだった。卓越したワインを作り出すと同時に、とりわけ一級シャトーとしてはがっかりさせられるほど凡庸なヴィンテージが多かったのである。 ただし、1990年代半ば以降は一貫性が強まっており、1982年、1959年、1947年、1945年のような神秘的なムートンの特徴だった、豊かな、濃厚で豪勢なスタイルが表れるようになった。 もっとも、品質と安定感が以前より良好になったと言っても、ポイヤックの2つの仲間と同列には扱えない。 ラフィットほどは向上していないし、ラトゥールにもまだまだ追いつく必要がある。 超一流のワインではあるがムートンのワインは豊富なタンニンのせいで、時折だが心持にバランスに欠ける場合があるようなのだ。 しかし、このシャトーの場合もやはりほかのボルドーの最上級のシャトーと同様、最近の価格は急騰している。 また、セカンド・ワインのル・プティ・ムートンも、優良ではあるが、レ・フォール・ド・ラトゥールやカリュアード・ド・ラフィットほどの一貫性はない。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトームートンロートシルト 2000 1500ml マグナムボトル

シャトーラフィットロートシルト 1989

格付第一級パーカーポイント90点 ラフィットのワインは1974年までは概して凡庸だったが、1975~1990年代の初頭にかけて大幅に改善され、1994年以降は最上のボルドーの仲間入りをしている。 事実、今日ではボルドーで最も偉大なワインの一つと考えられている。フィネスと力強さが見事に融和したワインなのである。 私自身を含めて、評論家たちはこのポジティブな傾向を賞賛してきたわけだが、忘れてはならない。このシャトーは単に神秘的な地位と、市場における価格に恥じない生き方をしているだけのことである。 ラフィット、それも特により最近のヴィンテージものを買えば卓越したワインを手にできることは確実だし、与えられる限り最上の味わいを経験できるものと期待できるが、価格が価格だけにこのワインに手が届くのは最富裕層のみである。 お値打ち品を探している人は他のワインに関心を向けたほうがよいだろう。もっとも、このシャトーのセカンド・ワイン、カリュアド・ド・ラフィットの、とりわけ1990年代半ば以降のものは関心を抱くだけの価値があると注記しておく。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラフィットロートシルト 1989

リラベル品 シャトーラトゥール 1957

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 リラベル品 シャトーラトゥール 1957

シャトーラトゥール 1995

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント96+点光を通さない程濃い紫色をした1995年は、ジャムにしたようなカシス、ヴァニラ、ミネラルを思わせる、かぐわしい未だに若々しい香りがある。 ミディアムボディからフルボディで格別な純粋さ、卓越した凝縮感、長い余韻、強烈なブドウの完熟感のある40秒のフィニッシュを伴うこのワインはとてつもないラトゥールだ。 予想される飲み頃・・・2012~2050年 《ボルドー第4版より抜粋》 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 レ・フォール・ド・ラトゥールはこちら↑↑ シャトーラトゥール 1995

シャトーラトゥール 1971

格付第一級パーカーポイント94点こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1980年代の苦境を考慮に入れても、ラトゥールがボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。(最近はラフィットとオー・ブリオンに並ばれたが) その評判にたがわず、最上のヴィンテージでもそれほどでないヴィンテージでも、特筆に値するものとなっている。 一般的に力強く、タニックで、リッチで、濃厚で、強烈。 常に最高級の、極めて長命なワインである。 残念ながら価格の方もこのワインの品質、知名度、評判、そしてとどまることを知らない世界的な需要を反映したものとなっている。 お値打ち品を求めているなら、よそをあたるか、ラトゥールのセカンド・ワインであるレ・フォール・ド・ラトゥールを探したほうがよいだろう。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーラトゥール 1971