シャトールパン 2002

シャトーペトリュス 1989 ラベル不良 小

ボディフルボディパーカーポイント100点弟分の1990年より目が詰まっていて、よりタニックだが、どこからみても1990年と同じ超大作の凝縮した作品だ。 グラスに注いだ時にもっと促してやる必要があるようだが、色は事実上まったく同等だ。 濃いルビー/紫色をしており、縁は薄くなっていない。 口に含むと幅のある爪あとを残していく。 壮観な強さ、芳醇さ、おびただしい凝縮感、高レベルのタンニンがあるのに、すばらしく輪郭がはっきりしていて、弟分と同じで、フィニッシュはほとんど一分近くも続く。 1990年ほど成長してはないようだが、私の直感によれば、こちらの方が少々タンニンが多い。 が、いずれもペトリュスとしてはこの上ない桁外れのワインだ。 予想される飲み頃・・・2010~2040年 《ボルドー第4版より抜粋》こちらの商品は古酒の為、ラベルに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1989 ラベル不良 小

シャトーペトリュス 1974

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1974

シャトーペトリュス 1984

ボディフルボディパーカーポイント87点 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1984

シャトールパン 1994

ボディミディアムボディ品種メルロー92% カベルネ・フラン8%パーカーポイント91点見事な1994年で、確実にこのヴィンテージで最良のワインのひとつである。 このミディアムボディのル・パンは、甘いオークの趣と混ざり合ったエスプレッソの豆、ヴァニラ、ブラックチェリー、天草、ホワイトチョコレートを見せる。 ミディアムボディで、ほどほどに強いタンニンはあるが、タンニンが蹴り込んでくる前には官能的な、甘い、汁気の多いアタックがある。 実際に飲み頃の高原部を特定するのは難しいが、香りの点ではどうやら成長して複雑になっているようだ。 ただし、それでもいまだに脱ぎ捨てるべきタンニンがたっぷりある。 予想される飲み頃:2004~2016年。 最終試飲年月:2002年5月 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトールパン 1994

シャトーペトリュス 1997

ボディフルボディパーカーポイント91点内向的なワインだ(生産量は2300ケース)。 向こう2~3年はセラーで寝かせる必要がある。 濃厚なプラム/ルビー/紫色をしており、閉じたブーケはモカ、ドライ・トマトの皮、黒系果実を思わせる。 口に含むと、この年で最も筋肉質なワインの一つだ。 傑出した凝縮感、余韻の長さ、強烈さ、深みが見られる。 タンニンは大量にあるが、口当たりは上等。 卓越した1967年の現代版とみなすことだ。 予想される飲み頃・・・2006~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1997

シャトーペトリュス 1971

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1971

シャトールパン 1997

シャトーペトリュス 1973 液面低

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1973 液面低

シャトールパン 1992

ボディフルボディ品種メルロー92% カベルネ・フラン8%パーカーポイント82点 シャトールパン 1992

シャトーペトリュス 1982 ラベル汚れ

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1982 ラベル汚れ

シャトーペトリュス 1999

ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1999

シャトーペトリュス 2012

ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 2012

シャトールパン 1979

シャトーペトリュス 1981

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1981

シャトールパン 2004

シャトーペトリュス 2002

管理人のクリスティアン・ムエックスはこの年ペトリュスをつくらないことも検討していた。その事実を思うと、このワインの出来のよさには驚いてしまう。しかしながら、生産量は半分にカットされて、1800ケースしか生産されなかった。だが、その結果がこのアペラシオン最高のワインとなる潜在能力を持ったこのワインである。深みのあるプラム/紫色をしており、甘いアロマは桑の実、ブラックチェリー、ヴァニリン、ほのかなトリュフや甘草を思わせる。印象的なほど純粋なミディアムからフルボディのワインで、フィニッシュにはほどほどに強いタンニンがある。超大作の、筋骨隆々の、超絶的な凝縮感のあるペトリュスではないが、2002年ポムロールでつくられた最も大柄なワインの1つであり、レヴァンジル、ラフルール、ル・ゲイという3つの注目に値するポムロールと同じだけの寿命を持つはずだ。(【ボルドー第4版】より)ワイン名(原語)Petrus 2002原産地呼称AOCポムロル格付 - ヴィンテージ2002年タイプ赤ワインぶどう品種ボルドー・ブレンドPP(WAポイント)90 [Wine Advocate #158]産地フランス/ボルドー/ポムロル生産者名Petrus ペトリュス内容量750ml飲み頃2009 - 2020 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 2002

シャトーペトリュス 2000

ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 2000

シャトーペトリュス 2011 シャトールパン 2011 2本セット

■セット内容■ シャトー・ペトリュス[2011] 750ml シャトー・ル・パン[2011] 750ml 各1本 シャトーペトリュス 2011 シャトールパン 2011 2本セット

シャトールパン 1985 ラベル汚れ有

シャトーペトリュス 2001

輝かしいル・パンと並んで、ワイン・オブ・ザ・ヴィンテージの候補の1つだ。2001年のペトリュス(2160ケース生産された)は、私が試飲したどのポムロールより深みや芳醇さがある。深みのある縁いっぱいまで濃いルビー/プラム/紫色をしており、締めつけられているようだが将来有望なブーケはヴァニラ、チェリーリキュール、溶けた甘草、ブラックカラントを思わせるほか、トリュフや土の趣もある。リッチで、フルボディで、驚くほど厚みがあり、強烈。たっぷりの構造が下地となった、豊富な果実味やエキス分がある。3~6年はセラーで寝かせて、その後20年で飲むこと。このヴィンテージで最も長命なワインの1つであること請け合いだし、最も凝縮感があるものの1つであることは言うまでもない。クリスティアン・ムエックスには話しておいたが(彼が同意してくれたかどうかはわからないが)、彼の2001年最良のワインは1971年のスタイルを思い出させる。もっとも、心持ちタンニンが弱いし、よりふくよかなのだが。(【ボルドー第4版】より)ワイン名(原語)Petrus 2001原産地呼称AOCポムロル格付 - ヴィンテージ2005年タイプ赤ワインぶどう品種ボルドー・ブレンドPP(WAポイント)95 [Wine Advocate #153]産地フランス/ボルドー/ポムロル生産者名Petrus ペトリュス内容量750ml飲み頃2007 - 2027 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 2001

シャトーペトリュス 1990

ボディフルボディパーカーポイント100点これは壮観なペトリュスだ。 1970年や、1947年をより現実的にしたものとよく似たスタイルでつくられている。 いまだにとても濃い、ルビー/紫色をしており、縁も薄くなっていない。 相当に空気に触れさせてやると、カラメル、甘いヴァニラ、ブラックチャリーやブラックベリーリキュール、ほのかな煙草や西洋杉などの壮観なアロマがでてくる。 どっしりと大柄で、ねっとりとしており、フルボディ。 酸は弱く、とてつもない芳醇さがあり、ほとんど継ぎ目のない個性を持っている。 今も若々しいままで、青年期にさえ入っていないが、ある種の近づきやすさはある。 もっとも、まだ現れていないものはとても多い。 心動かされる偉大なペトリュスだ。 予想される飲み頃・・・2007~2040年 《ボルドー第4版より抜粋》 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1990

コントジョルジュドヴォギュエ シャンボールミュジニー レザムルーズ 1985

ワイン名(原語)Petrus 2011原産地呼称AOCポムロル格付 - ヴィンテージ2011年タイプ赤ワインぶどう品種ボルドー・ブレンドPP(WAポイント)95 [Wine Advocate #212]産地フランス/ボルドー/ポムロル生産者名Petrus ペトリュス内容量750ml飲み頃2017 - 2042ワイン名(原語)Comte Georges de Vogüé Chambolle Musigny les Amoureuses 2011原産地呼称AOCシャンボール・ミュジニー格付1級ヴィンテージ2011年タイプ赤ワインぶどう品種ピノ・ノワールPP(WAポイント)-産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ生産者名Comte Georges de Vogüé コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ内容量750ml飲み頃- コントジョルジュドヴォギュエ シャンボールミュジニー レザムルーズ 1985

シャトーペトリュス 1988

ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1988

シャトールパン 2001

ボディフルボディ品種メルロー92% カベルネ・フラン8%パーカーポイント98点深みのあるルビー/プラム/紫色をしており、クレーム・ド・カシス、チェリーリキュール、プラム、甘草、カラメル、甘いトーストの並外れた芳香を伴う。 この派手で豪勢な舌触りをした、リッチで、凝縮感のあるポムロルは、輝かしい成功作で、2001年のワイン・オブ・ザ・ヴィンテージの1つでもある。 酸は弱く、ブドウの完熟感は並外れているので、早くから飲めると思われるが、18~20年は持ちこたえるものと証明されている。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトールパン 2001

シャトールパン 2010

シャトールパン 1990

ボディフルボディ品種メルロー92% カベルネ・フラン8%パーカーポイント99点私の味覚にとってはこれまでにつくられた2つの最上のル・パンのうちの1つだ。 ちょうど青年期に到達して第二次的なニュアンスを成長させようとしているところだ。 いまだに非常に深みのあるルビー/紫色をしているが、縁には少々ピンク色も見られる。 爆発的な香りはアジアのスパイス、キルシュ、イチジク、ブラックベリー、チェリー、スモーキーな、香ばしいオークで構成される。 口に含むと層をなす凝縮感があり、ブドウの完熟感はほれぼれするほどで、大量のグリセリンがあり、継ぎ目のなさは試飲してみるまでは信じられないほどだ。 官能的な舌触りをしており、フルボディで、特筆に値する。 たぶんいまだに途方も無い向上力があるのだろう。 予想される飲み頃:現在~2022年。 最終試飲年月:2001年12月 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトールパン 1990

シャトーペトリュス 1996

ボディフルボディパーカーポイント92点1996年のペトリュスは、大柄で、画一的な、四角四面のワインだ。 印象的なほど光を通さない濃い紫色で、甘いベリーの果実と混ざり合った土、トースト、コーヒーの香りがある。 フルボディで、筋肉質。 タンニンのレベルは高く、内向的なスタイルをしたこのワインは、忍耐が必要となるはずだ。 予想される飲み頃・・・2010~2035年 《ボルドー第4版より抜粋》 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1996

シャトーペトリュス 1977

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1977

シャトーペトリュス 2007

シャトーペトリュス 1978

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1978

シャトーペトリュス 1973

こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 ペトリュスは、ポムロルの丘の卓越した立地の畑から恩恵を受けている。 世界で最も有名な赤ワインの一つであり、そのことが、特にオークションにおいて非常に高価な価格で売られている事を説明している。 数十年間、ペトリュスに太刀打ち出来るポムロルのワインはなかった。 しかし最近は、大幅によくなった多くのポムロル産ワインとの激しい競争に直面しなければならなくなっている。 名声と投機的な価値の点では、ペトリュスはいまだに王である。 しかし、純然たる品質の点では、ラフルール、レヴァンジル、クロ・レグリーズ、ル・パンやその他のいくつかのシャトーはペトリュスに匹敵する、時にはペトリュスを凌駕するワインをつくっている。 しかしながら、ペトリュスは最上のポムロルが感じさせる以上のものを象徴している。 ペトリュスはワインというよりも神話の象徴なのだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーペトリュス 1973