シャトーマルゴー 1952 ラベル破れあり

格付第一級こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1952 ラベル破れあり

シャトーパルメ 2002

格付第三級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニヨン52% メルロー40% プティ・ヴェルド8%パーカーポイント94点 ワイン醸造の金字塔である2002年のパルメ(カベルネ・ソーヴィニヨン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド8%)は、偉大な強烈さを見せているほか、途方もなく複雑な、心動かされる香りはアカシアの花、クレーム・ド・カシスリキュール、ほのかなエスプレッソ、かすかな森の下生えを趣を思わせる。 極めて凝縮感のある、フルボディの、濃厚なワインで、口内炎になりそうなほどのレベルのタンニンがフィニッシュにあるが、エキス分やグリセリンも十分なのでバランスがとれている。 とはいえ、7~10年は忘れるべきものとなるはずだ。 この8500ケースの輝かしい作品は、質的に2000年と同じリーグに属している。 予想される飲み頃・・・2012~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2002

シャトーマルゴー 1989

格付第一級パーカーポイント96点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1989

シャトーマルゴー 2006 12本 ケース販売 木箱

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱

シャトーパルメ 2007

パーカーポイント:91-93点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2007

シャトーマルゴー 2000

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン90% メルロー10%パーカーポイント100点色は縁いっぱいまで濃い紫色で、微妙なノーズはブラックベリー、クレーム・ド・カシス、微妙な新樽や黒鉛のアロマを思わせる。 タンニンはよりしなやかなものとなっており、舌触りはセンセーショナルで、口に含むとそびえたつ摩天楼のようなワインなのだが、重かったりちぐはぐだったりすることはない。 フィニッシュも華麗である。 予想される飲み頃・・・2010~2050年《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 2000

シャトーパルメ 1990

格付第三級パーカーポイント90点このワインは散漫でちぐはぐに見えた次期を過ぎて、より輪郭のはっきりしたものとなった。 暗いプラム/ガーネット色をしており、甘いノーズは焼いた果実、スパイス箱、お香、甘い甘草と混ざり合ったいくらかのチョコレート、プラム、ブラックチェリーを思わせる。 このみずみずしい、酸の弱い、ビロードのような舌触りをしたワインは、十分な飲み頃に達しているが、適切に保管すればこのレベルのまま少なくとも5~10年は持ちこたえられること請け合いである。 本来の率直な、甘美な深みが見られる、非常にセクシーな、目が開いたスタイルをしている。 予想される飲み頃:現在~2012年 最終試飲年月:2002年5月 《ボルドー第3版より抜粋》こちらの商品はラベルに枕木による皺・小破れがある場合があります。 ご了承の上お買い求め下さい。 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1990

シャトーパルメ 1999 MAG 1500ml マグナムボトル

シャトー・パルメ[1999]貴重なマグナムがお得! 格付第三級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン48% メルロー46% プティ・ヴェルド6%パーカーポイント95点このヴィンテージのスーパースターの一つ、1999年は1961,1966年以降の最も偉大なパルメである。 腰が抜けるほどのブーケを誇っており、スミレなどの春の花と混ざり合った甘草、ブラックカラント、微妙な樽香を思わせる。 生産量の50%しかグラン・ヴァンにならなかった。 多面的な、心動かされる作品で、力強さもエレガンスもある。 タンニンは甘く、風味は口蓋を優しくなでていき、45秒のフィニッシュ。すごいワインだ。 予想される飲み頃・・・2004~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1999 MAG 1500ml マグナムボトル

シャトーパルメ 2005

パーカーポイント:97点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2005

シャトーパルメ 2000

格付第三級品種カベルネ・ソーヴィニヨン53% メルロー47%パーカーポイント95+点このシャトーとしては雄々しい、筋肉質な作品の2001年パルメ(ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン51%、メルロ44%、プティ・ヴェルド5%)は、縁いっぱいまで濃い紫色をしている。 2000年のパルメは、やがては1999年と同じくらい良好なものとなるかもしれないが、タイプはまったく異なっている。 1999年が純粋なパルメらしいエレガンスな女性らしさが身上のワインであるとするなら、この年のワインはより男性的で、力強く、筋肉質で、タニックなのだ。 グラン・ヴァンになったのは生産量の50%のみだ。ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニヨン53%、メルロー47%で、いまだにたっぷりのタンニンは甘くなっている。 濃いインクのような/紫色をしており、エキス分はあふれんばかりで、筋骨隆々の、広がりのある口あたりをしている。 魅惑的な1999年より忍耐が必要となるはずである。 予想される飲み頃:2010年~2035年 最終試飲年月:2003年1月 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2000

シャトーマルゴー 2007

格付第一級 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 2007

シャトーパルメ 1998

パーカーポイント91点第三級格付でも実力は一級シャトー並!パーカー91点飲み頃の98年! パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1998

シャトーパルメ 2001

格付第三級品種カベルネ・ソーヴィニヨン51% メルロー44% プティ・ヴェルド5%パーカーポイント90点このシャトーとしては雄々しい、筋肉質な作品の2001年パルメ(ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン51%、メルロ44%、プティ・ヴェルド5%)は、縁いっぱいまで濃い紫色をしている。 閉じた、内向的なワインだが、驚くほど力強く、層をなし、畏怖の念をおこさせるほどの素質があり、ほのかな木炭、黒系果実、土、森の下生えを思わせる。 内部ではいろいろな変化が起こっているが、5~7年はセラーで寝かせて、この強いタンニンを溶かす必要がある。 予想される飲み頃:2010年~2022年 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2001

シャトーパルメ 1981

格付第三級ボディフルボディパーカーポイント81点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1981

シャトーパルメ 1995

格付第三級ボディフルボディパーカーポイント90点このワインはメルロの比率が極めて高い(43%)。ほれぼれするほど豪勢な、酸の強い、肉づきのよいパルメで、若いうちから魅力のあるものになるはずだし、長持ちするはずである。 暗いルビー/紫色をしており、スモーキーな、香ばしい新樽とからみあったあり余るほどのジャムにしたような、チェリーの果実や花のようなチョコレートのニュアンスが感じられる。 ミディアムからフルボディで、ふっくらしているのにエレガントなワインは印象的。 予想される飲み頃・・・現在~2020年 最終試飲年月:2001年3月 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1995

シャトーパルメ 2004

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2004

シャトーマルゴー 1992

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント87点深みのあるルビー色をしており、いくらか紫色のニュアンスもある。 比較的軽い、いくらか押し黙った趣はカシス、甘草、新樽を思わせる。 口に含むと、ミディアムボディで、やわらかで、十分な飲み頃になっており、エレガンスや純粋さは驚くほどだ。 フィニッシュは少し短いが、これまた非常に印象的なワインだ。 向こう4~5年で飲む必要がある。 予想される飲み頃:現在~2009年。 最終試飲年月:2002年10月 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1992

シャトーパルメ 1999

格付第三級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン48% メルロー46% プティ・ヴェルド6%パーカーポイント95点このヴィンテージのスーパースターの一つ、1999年は1961,1966年以降の最も偉大なパルメである。 腰が抜けるほどのブーケを誇っており、スミレなどの春の花と混ざり合った甘草、ブラックカラント、微妙な樽香を思わせる。 生産量の50%しかグラン・ヴァンにならなかった。 多面的な、心動かされる作品で、力強さもエレガンスもある。 タンニンは甘く、風味は口蓋を優しくなでていき、45秒のフィニッシュ。すごいワインだ。 予想される飲み頃・・・2004~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1999

シャトーパルメ 1978

格付第三級ボディミディアムボディパーカーポイント90点メドックで最も成功した1978年もののひとつ。 完全な熟成に達しているが、衰えかけている様子はない。 色は暗いルビーから紫で、エッジがわずかに琥珀色がかっている。 ノーズは黒トリュフ、カシス、燻したハーブ、肉のようなアロマ。 口に含むと、豊かで甘い果実味にピーマンのような性質がある。 ミディアムボディで絹のような舌触りのこのワインは、ほとんどのパルメよりスパイス性が強いが、魅力的で口いっぱいに広がる味。 予想される飲み頃:現在から2006年ごろ 最終試飲月:97年10月 《ボルドー第3版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1978

シャトーマルゴー 1983

格付第一級パーカーポイント96?点一貫して記してきたように、息をのむようなワインになることもあるのだが、本書第3版以降1ダース近くも試飲してきたうちの半分以上が汚染されたコルクのために台無しになっていた。 事実、ワインの貯蔵庫の一部にTCAの問題でもあったのではないかと思いたくなる。 コルクのせいで変質しているハーフボトルの比率はレギュラーボトルよりも更に高い。 ただし、きれいなものの場合、私がほんの4年前に推測したよりはるかに早く十分な飲み頃に達したようだ。 濃い、くすんだプラム/紫色をしており、ゴージャスなノーズはいぶしたハーブ、湿った土、マッシュルーム、甘いクレーム・ド・カシスと混ざり合ったヴァニラやスミレを思わせる。 ミディアムからフルボディで、深みがあり、豊か。 タンニンは甘く、果実味の凝縮間はたっぷりある。 予想される飲み頃;現在~2020年 最終試飲年月:2002年11月 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1983

シャトーパルメ 1992

格付第三級パーカーポイント84点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1992

シャトーマルゴー 1997

格付第一級ボディフルボディ品種カベルネ・ソーヴィニオン80% メルロー15% カベルネ・フラン5%パーカーポイント90点このヴィンテージとしては間違いなく輝かしい成功作だ。 ものすごくチャーミングなワインで、暗いルビー/紫色をしており、花のような、ブラックカラント、スモーキーな、香ばしいオークのアロマが見られる。 称賛に値する豊かさや秀逸なブドウの完熟感はあるが、96、95、90年といった著名なヴィンテージに見られる大量の濃厚さや卓越した凝縮感はない。 ただし、フィネス、しなやかさ、個性はたっぷりだ。 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1997

シャトーパルメ 1994

格付第三級パーカーポイント86点このワインはもっとよいものになるだろうと期待していたのだが、良好ではあるが興味をかきたてられないワインであることが判明してしまった。 中程度に暗いルビー色をしており、単刀直入な、甘い、ベリーの香りのするノーズが感じられる。 口に含むと、ミディアムボディで、凝縮間はまずまずなのだが、いくらか気になるタンニンもある。 スパイシーな、余韻の短いフィニッシュ。良好なワインだが、パルメとしてはがっかりさせられる。 予想される飲み頃:現在~2010年 最終試飲年月:2001年1月 《ボルドー第3版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1994

シャトーパルメ 1977

格付第三級ボディミディアムボディ パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1977

シャトーマルゴー 1961

格付第一級パーカーポイント94点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1961

シャトーマルゴー 1996

格付第一級パーカーポイント99 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1996

シャトーマルゴー 1979

1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1979

シャトーパルメ 1989

格付第三級ボディミディアムボディパーカーポイント95点このヴィンテージのスーパースターの1つの1989年のパルメは、暗いプラム/紫色を保持しているが、縁にはいくらかのピンク色と、ほのかな琥珀色が忍び込んでいる。 大柄なノーズは木炭、白い花(アカシア?)、甘草、プラム、ブラックカラントを思わせる。 エレガントな、ミディアムからフルボディの、非常に凝縮間のある、継ぎ目なく作られたワインだ。 ゴージャスで、どうやら十分な飲み頃になっているが、輝かしくバランスがとれている。 ほれぼれするほどだった1953年の再来と判明してもおかしくはない。 予想される飲み頃:現在~2020年 最終試飲年月:2002年5月 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1989

シャトーパルメ 1991

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1991

シャトーマルゴー 1978

格付第一級パーカーポイント92点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1978

シャトーパルメ 1975

格付第三級パーカーポイント90点一貫してこのヴィンテージの最高ワインのひとつになっている。 色は暗いルビー色で、琥珀色になる気配はない。華やかなブーケには甘い果実がたっぷり香る。 パルメのほとんどのヴィンテージよりもタンニンが強いが、フルボディで豊かで凝縮味があり、このヴィンテージ特有の頑強さや強いタンニンがうまく現れている。 しかし、甘い果実味とエキス分が十分あるので、タンニンに対抗できるはずだ。 ショッキングにも、私がテイスティングした1975年のパルメで一番よく育っていたのは、数年前に飲んだインペリアル・ボトルだった。 私のワイン・セラーのはまだとても若く、さらに5年から7年貯蔵する必要があるし、あと20何年かは熟成が進む。 飲み頃:2001~2016年 《ボルドー第3版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1975