シャトーマルゴー 1978

格付第一級パーカーポイント92点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1978

シャトーマルゴー 2007

格付第一級 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 2007

シャトーマルゴー 1983

格付第一級パーカーポイント96?点一貫して記してきたように、息をのむようなワインになることもあるのだが、本書第3版以降1ダース近くも試飲してきたうちの半分以上が汚染されたコルクのために台無しになっていた。 事実、ワインの貯蔵庫の一部にTCAの問題でもあったのではないかと思いたくなる。 コルクのせいで変質しているハーフボトルの比率はレギュラーボトルよりも更に高い。 ただし、きれいなものの場合、私がほんの4年前に推測したよりはるかに早く十分な飲み頃に達したようだ。 濃い、くすんだプラム/紫色をしており、ゴージャスなノーズはいぶしたハーブ、湿った土、マッシュルーム、甘いクレーム・ド・カシスと混ざり合ったヴァニラやスミレを思わせる。 ミディアムからフルボディで、深みがあり、豊か。 タンニンは甘く、果実味の凝縮間はたっぷりある。 予想される飲み頃;現在~2020年 最終試飲年月:2002年11月 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1983

シャトーマルゴー 2005 6本 ケース販売 木箱

シャトーパルメ 2000

格付第三級品種カベルネ・ソーヴィニヨン53% メルロー47%パーカーポイント95+点このシャトーとしては雄々しい、筋肉質な作品の2001年パルメ(ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン51%、メルロ44%、プティ・ヴェルド5%)は、縁いっぱいまで濃い紫色をしている。 2000年のパルメは、やがては1999年と同じくらい良好なものとなるかもしれないが、タイプはまったく異なっている。 1999年が純粋なパルメらしいエレガンスな女性らしさが身上のワインであるとするなら、この年のワインはより男性的で、力強く、筋肉質で、タニックなのだ。 グラン・ヴァンになったのは生産量の50%のみだ。ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニヨン53%、メルロー47%で、いまだにたっぷりのタンニンは甘くなっている。 濃いインクのような/紫色をしており、エキス分はあふれんばかりで、筋骨隆々の、広がりのある口あたりをしている。 魅惑的な1999年より忍耐が必要となるはずである。 予想される飲み頃:2010年~2035年 最終試飲年月:2003年1月 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2000

シャトーパルメ 1991

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1991

シャトーマルゴー 1993

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント88点この困難なヴィンテージにシャトー・マルゴーは、比較的中量級のやわらかい、果実味豊かな、いくらかほのかな雑草のようなタバコを思わせる。 アロマや風味があるワインを造りだした。 暗いプラム色をしておりミディアムボディで、十分な飲み頃になりつつある。 この身の毛もよだつ年のワインとしては、驚くほどの深み、ブドウの完熟感、甘みがある。 予想される飲み頃・・・現在~2010年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1993

シャトーマルゴー 1999

格付第一級ボディミディアムボディパーカーポイント94点セクシーな、暗いプラム/紫色をした1999年マルゴーは、すでに複雑な香りが見られる。 驚くほどチャーミングで、まろやかで、1985年のようなヴィンテージをしのばせる。 超大作ではなく、重量級でもないが、口の中で広がって、途方もない余韻の長さや純粋さを見せるようになる。 醸造責任者のポール・ポンタリエはより生硬な1998年よりこちらの方を好んでるし、私もそうだ。 シャトー・マルゴーの原点とも言うべき豊かさや、フィネス、バランス、均整のよさが身上である。 若いうちから飲めるが、20年は良好に熟成すること請け合いだ。 予想される飲み頃・・・2004~2017年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1999

シャトーマルゴー 1979

1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1979

シャトーマルゴー 1982 ラベル汚れ有

格付第一級パーカーポイント98+点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1982 ラベル汚れ有

シャトーパルメ 2007

パーカーポイント:91-93点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2007

シャトーマルゴー 2006 12本 ケース販売 木箱

シャトーマルゴー 1989

格付第一級パーカーポイント96点 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1989

シャトーマルゴー 1991

1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1991

シャトーパルメ 2006

パーカーポイント:92点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2006

シャトーマルゴー 2011

格付第一級 シャトーマルゴー 2011

シャトーパルメ 2004

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2004

シャトーパルメ 1988

濃厚で深みたっぷりのパルメ! パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1988

シャトーマルゴー 1981

格付第一級パーカーポイント91点1981年は驚くほどエレガントで、見事なワインだ。 確実に「ワイン・オブ・ザ・ヴィンテージ」の最強候補の1つである。 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1981

シャトーパルメ 1990

格付第三級パーカーポイント90点このワインは散漫でちぐはぐに見えた次期を過ぎて、より輪郭のはっきりしたものとなった。 暗いプラム/ガーネット色をしており、甘いノーズは焼いた果実、スパイス箱、お香、甘い甘草と混ざり合ったいくらかのチョコレート、プラム、ブラックチェリーを思わせる。 このみずみずしい、酸の弱い、ビロードのような舌触りをしたワインは、十分な飲み頃に達しているが、適切に保管すればこのレベルのまま少なくとも5~10年は持ちこたえられること請け合いである。 本来の率直な、甘美な深みが見られる、非常にセクシーな、目が開いたスタイルをしている。 予想される飲み頃:現在~2012年 最終試飲年月:2002年5月 《ボルドー第3版より抜粋》こちらの商品はラベルに枕木による皺・小破れがある場合があります。 ご了承の上お買い求め下さい。 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1990

シャトーパルメ 1994

格付第三級パーカーポイント86点このワインはもっとよいものになるだろうと期待していたのだが、良好ではあるが興味をかきたてられないワインであることが判明してしまった。 中程度に暗いルビー色をしており、単刀直入な、甘い、ベリーの香りのするノーズが感じられる。 口に含むと、ミディアムボディで、凝縮間はまずまずなのだが、いくらか気になるタンニンもある。 スパイシーな、余韻の短いフィニッシュ。良好なワインだが、パルメとしてはがっかりさせられる。 予想される飲み頃:現在~2010年 最終試飲年月:2001年1月 《ボルドー第3版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1994

シャトーマルゴー 1995

格付第一級パーカーポイント95 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1995

シャトーマルゴー 1995 1500ml マグナムボトル

1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1995 1500ml マグナムボトル

シャトーパルメ 1973

格付第三級 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1973

シャトーパルメ 2005

パーカーポイント:97点 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2005

シャトーパルメ 2001

格付第三級品種カベルネ・ソーヴィニヨン51% メルロー44% プティ・ヴェルド5%パーカーポイント90点このシャトーとしては雄々しい、筋肉質な作品の2001年パルメ(ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン51%、メルロ44%、プティ・ヴェルド5%)は、縁いっぱいまで濃い紫色をしている。 閉じた、内向的なワインだが、驚くほど力強く、層をなし、畏怖の念をおこさせるほどの素質があり、ほのかな木炭、黒系果実、土、森の下生えを思わせる。 内部ではいろいろな変化が起こっているが、5~7年はセラーで寝かせて、この強いタンニンを溶かす必要がある。 予想される飲み頃:2010年~2022年 《ボルドー第4版より抜粋》 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 2001

シャトーマルゴー 1952 ラベル破れあり

格付第一級こちらの商品は古酒の為、ラベル・キャップシールに汚れ、傷がある場合がございます。 ご了承の上お買い求め下さい。 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1952 ラベル破れあり

シャトーパルメ 1986

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1986

シャトーパルメ 1985

■商品の状態について 古酒のため、エチケット(ラベル)に汚れがある場合があります。 ご了承のうえお買い求め下さい。 パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1985

シャトーマルゴー 1994

格付第一級ボディフルボディパーカーポイント91+点1994年のシャトー・マルゴーは常に「ワイン・オブ・ザ・ヴィンテージ」の候補だった。 いまだに濃いプラム/紫色をしており、大柄な、甘いノーズは黒系果実と混ざり合った甘草、樟脳、ヴァニラ、ほのかな花を思わせる。 濃厚で力強いが、タンニンはやわらかくなり、1990年後半に感じたほど硬い、でしゃばりなものではなくなったようだ。 このワインは何十年も持ちこたえるはずだし、うまくいけばさらに継ぎ目のないものとなるだろうが、このタンニンのすべてが徐々に四散していくだろうとは思い難い。 予想される飲み頃・・・2008~2025年 《ボルドー第4版より抜粋》 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1994

シャトーパルメ 1983

パルメは文句なしにマルゴーで最も人の心を離さずにいられないワインの一つをつくっている。 パルメが偉大なヴィンテージを得た時には、左岸には鼻と口蓋にもたらされる香りの魅惑においてパルメに太刀打ちできるシャトーはない。 このワインへの世界中の飽くなき需要を反映して、価格は著しく上昇している。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーパルメ 1983

シャトーマルゴー 1996

格付第一級パーカーポイント99 1960年代と1970年代は惨憺たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。 品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンド・ワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 《ボルドー第4版より抜粋》 シャトーマルゴー 1996